花言葉について解説

色とりどりの花々に、それぞれ存在している花言葉。花言葉の由来は様々で、その色や見た目、形や香り、産地、咲き型や旬のシーズンなど多様です。 同じ種類の花であっても、バラやカーネーションのように、色によって花言葉が違う場合もあります。

赤いバラは、「情熱、愛情、あなたを愛します、貞節、美、熱烈な恋、私を射止めて」などがありますが、ピンク色のバラには「上品、気品、しとやか、温かい心 輝かしい、一時の感銘、美しい少女」など。白いバラは「無邪気、純潔、清純、尊敬、相思相愛」などがあります。黄色いバラは「友情、献身、可憐、さわやか」、オレンジのバラは「魅惑、信頼、絆」、紫のバラは「気品、上品、王座、尊敬、誇り」。 多弁のバラは「誇り」、一重のバラは「清純な愛、静かな愛」、満開のバラには「私は人妻」、棘のないバラには「誠意、友情」などの花言葉もあり、バラのつぼみには「愛の告白、恋の告白」などの花言葉もあります。

バラの場合は、本数で花言葉も変わります。1本ならば「一目ぼれ」、3本で「愛しています、告白」、7本で「密やかな恋」、11本で「最愛」、99本で「永遠の愛、ずっと一緒にいよう」、108本で「結婚してください」、999本で「何度生まれ変わってもあなたを愛する」となります。誕生日やプロボーズなど、各種プレゼントシーンの花束などでは、これらの言葉の意味を込めて贈る人も多いです。 当サイトでは、このように有名な花言葉について解説します。

▽特選サイト
「幸福が飛んでくる」「変わらぬ愛」という花言葉を持つ胡蝶蘭の通販サイトです ⇒⇒⇒ 胡蝶蘭

Copyright © 2014 有名な花言葉を紹介 All Rights Reserved.